通販でインテリア・家具を購入した感想を紹介します。
Home
 

照明によって家具の雰囲気が変わる

間接照明によって、家具の雰囲気が一気に変わります。一人暮らし、結婚する時に一式新しい物を買いました。昔から茶色の家具は高級感と雰囲気があると勝手に想像していて、家の雰囲気を考えずに茶色ベースで揃えていました。これは一人暮らしの時ですが、新しい家に買ってきた家具が馴染んでおらず、想像の雰囲気はカフェのような落ち着いた空間でしたが、想像とは異なる空間でした。ある時、電球がきれて間違えて白熱電球を買ってしまい、その間違いのおかげで発見したのが、茶色の物にはこの白熱電球が合うと言う事です。確かにカフェなど落ち着いた空間では蛍光灯はあまり見ませんよね。それからは、ずっと白熱電球で過ごしています。結婚してからの新居も茶色ベースでナチュラルな雑貨で揃え、目指すは落ち着く家と早く家に帰りたくなるような家です。

家具は使用感と清潔感、使い心地を考えて

家具は、生活していく上で使用する機会がとても多いものです。食事をする際にはテーブルとチェアを使いますし、リビングでくつろぐ際にはソファーは必須です。また本棚がなければ溜まった書籍を整理するのも一苦労ですし、デスクトップパソコンを使用している人は使い心地の良いパソコンラックがあれば随分と楽にパソコンを使えます。このように、家具は生活の一部となっており、その使用感の良し悪しでストレスなく生活出来るかどうかが決まってきます。但し、幾ら使用感が良くても外見が自分の好みに合ってなかったり、清潔感が感じられなければそれはそれでストレスの原因となり得るので、選ぶ際にはその辺りも十分考慮しなくてはなりません。自分の好みと清潔感、そして使用感の良し悪しと全ての条件を満たすのは難しいかもしれませんが、一度購入すればそう買い換えることはありませんから、時間を掛けてでもいい家具を揃えましょう。

家具について書きました。

結婚して新居に引越した時、お互い今まで実家住まいだったので何も家具がありませんでした。イチから買い揃えなければいけませんでした。だから家具屋さんを色々と見て周りました。まず選ぶことで重視したことは値段です。結婚当初はあまりお金がありませんでした。だから家具にたくさんお金をかけることはできませんでした。値段が安いものを探しました。安すぎるとすぐ壊れてしまいそうなものもあります。そういうものには気を付けました。安くてもしっかりしているものを探しました。なかなかうまく見つけることはできませんでしたが、時間をかけて探すといいものに出会えたこともあります。あと全体の統一感も重視しました。ブラウンで買いそろえることに決めたので、ブラウンのものを探しました。ソファーもブラウン、テレビ台も食器棚もブラウンです。部屋に統一感が出て落ち着いた感じを演出できました。

木材は、伐採や運搬などの工程で多少のエネルギーは消費するものの、木自体の成長に必要なのはクリーンで無尽蔵な太陽エネルギーくらいです。さらに、アルミニウムではエネルギー消費量は343倍、CO2排出量は220倍にもなるという結果が報告されています。 我が社は関東にいくつか店舗がありますので、そちらに足をお運びいただければ、経験豊富なスタッフが親身にご要望にお応えします。是非、木の温もりを伝える家具蔵のインテリアに触れてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Top